野望

野望

全121話完結

20,185人が読んでいます

極貧の中で育った猪斐雅彦は、死を間際にした母の口から、日本屈指の巨大コンツェルン・東和グループを率いる東和鉄道が、元々は雅彦の父の会社であったことを明かされ、衝撃を受ける。現社長の矢島慶三が、卑劣な手段で株を買い占め、会社を乗っ取ってしまったというのだ。

野望のあらすじ

極貧の中で育った猪斐雅彦は、死を間際にした母の口から、日本屈指の巨大コンツェルン・東和グループを率いる東和鉄道が、元々は雅彦の父の会社であったことを明かされ、衝撃を受ける。現社長の矢島慶三が、卑劣な手段で株を買い占め、会社を乗っ取ってしまったというのだ。

ピックアップレビュー

匿名さん
5

一巻後半P144敵ボスの横の手下がどう見ても主人公。 ヤクの取引相手(神戸のヤクザ)に顔を見られてるのに、そのまま放置してるのはおかしい。 兜町コジキの話で、屋台で500円玉を見せているのもおかしい。 だが、面白い。

匿名さん
4

寅さんかよwと言いたくなるぐらいの一張羅だったり、ツッコミどころ満載の昭和なユルい設定は置いといても、話の大筋としては凄く面白い!そういう意味ではスポ根物の梶原一騎に通じるものがある。読んどいて損は無い傑作。

匿名さん
4

絵に好き嫌いはでそうだが、ストーリーの濃さは秀逸。読む価値あり。

新着レビュー

さん

一気に読んだ。大変面白かった。

さん

面白い、名作だ。作者は今も現役なのだろうか

さん

大藪春彦の小説読んでる感じだった 昔ながらのダークヒーロー物も悪くはない

作品情報

作品名
野望
作家名
佐藤まさあき
レーベル
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
裏社会/アングラ
配信日
2015年4月28日
タグ
ビジネスシリアスアウトローサスペンス劇画復讐
サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!