ワル

ワル
2.6
28件のレビューを見る

全41話完結

12,150人が読んでいます

「ワル」のあらすじ・詳細

「ワル」と呼ばれる主人公の氷室洋二が、名門鷹ノ台高校を舞台に彼を更生しようとする学校との闘いを描いた学園ハードボイルド劇画。 『ワル』は現代社会に潜む不条理に対して「不良」と呼ばれながらも自ら悪役となって闘う若者を主人公とした異色の学園漫画となっている。

全41話完結

無料
の話は会員登録なしで読むことができます

ピックアップレビュー

巳代松さん
5

 梶原一騎の実弟・真樹日佐夫によるハードボイルド・ピカレスクロマン。梶原作品のテーマは師弟の対決や男としての生き方といったものであるが、本作は大きく趣が異なる。真樹はこの作品において、不条理な人間社会に対してそれ以上の不条理をもって対抗せんとする主人公の姿を描いている。  ストーリーの展開においては、主人公に関する謎が次々と提示され、教師の宇津木を始めとする人物によりそれが解きほぐされていくというスタイルを取っている。そのため、読者の興味が常に惹きつけられることとなり、一度読みだしたら止めるのは至難の業である。  同時期のマガジン諸作品に比べると知名度の点で一歩劣るが、間違いなく傑作と言える。

新着レビュー

巳代松さん

 梶原一騎の実弟・真樹日佐夫によるハードボイルド・ピカレスクロマン。梶原作品のテーマは師弟の対決や男としての生き方といったものであるが、本作は大きく趣が異なる。真樹はこの作品において、不条理な人間社会に対してそれ以上の不条理をもって対抗せんとする主人公の姿を描いている。  ストーリーの展開においては、主人公に関する謎が次々と提示され、教師の宇津木を始めとする人物によりそれが解きほぐされていくというスタイルを取っている。そのため、読者の興味が常に惹きつけられることとなり、一度読みだしたら止めるのは至難の業である。  同時期のマガジン諸作品に比べると知名度の点で一歩劣るが、間違いなく傑作と言える。

匿名さん

ひたすら色々な意味で救いの無い漫画 ゴールも無く、主人公が何の成長もなく、屁理屈の元に、延々と残虐非道の繰り返し。当時の読者は、何を求めてこれを読んでいたのだろう・・

匿名さん

ワルというより人間のクズを主人公にした駄作。 時代背景を考慮しても受け入れられない。 見る価値は無い。

作品情報

作品名
ワル
作家名
真樹日佐夫
レーベル
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
アクション
配信日
2015年7月18日
タグ
青春学園友情ヤンキーハードボイルド格闘技・ケンカ

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!