大食い甲子園

大食い甲子園

全53話完結

183,166人が読んでいます

汗と根性のデカ盛グルメ開幕!! かつての強豪校、岡山県立桃太郎高校!!その大食い部を立て直し、再び聖地に勝利の校歌を響かせるべく新監督・盛山空太郎、登場!!!!!!!!!!!

大食い甲子園のあらすじ

汗と根性のデカ盛グルメ開幕!! かつての強豪校、岡山県立桃太郎高校!!その大食い部を立て直し、再び聖地に勝利の校歌を響かせるべく新監督・盛山空太郎、登場!!!!!!!!!!!

ピックアップレビュー

匿名さん
5

御前が目指した大食いのスポーツ化が実現した後の世界なんだね。錠二や空念が出てきたのは普通に嬉しかった。面白かっただけに、尻切れとんぼなのが本当に残念です。

匿名さん
5

この人の作品の器って、なぜか必ず米粒残ってるよね。 食べ物を粗末にするなって言いながらも… 表現とは言え、そこが無ければいいのに。 ってか、そのせいで全てが台無し。

匿名さん
5

土山しげる先生の食漫画は本当に面白い!食に対する愛情が伝わってきます。 この作品は喰いしん坊!から十数年後という世界観になってます。 喰いしん坊でも話の根幹に関わっていた邪道食いですが、プロはOKだけど甲子園ではNGというのが高校野球っぽくて面白い。また、食事を汚く食べれば減点、食事に1分以上手をつけなかったら失格など、もしフードファイトが公式な競技になったらという設定がしっかりしていてこれもまた面白い。 高校や登場人物の名前が安直なのも、あくまでメインが食に置かれていることと、安直故に覚えやすいという利点もあります。 相手との駆け引きもあるという描写もありますが、熟練者になるとあくまで自分との戦いになり、とどのつまり展開がマンネリになりがちなのが甲子園出場で終幕の理由でしょうか。 日本文芸社じゃなく、少年誌なら主将とマネージャーの恋物語を挟んだり、監督の過去を持ち出して出場停止を狙ったりだとか話を引っ張ることもできたでしょうが…これはこれで短時間で楽しめて良いと思います。

新着レビュー

さん

喰いしん坊!にハマり土山しげるさんの作品を探してたところ、これに出会いました。 喰いしん坊!と同じ登場人物が出てきて、とても面白かったし中学生の女子ですが大食いに興味を持ちました(^O^) とても面白いです!

さん

面白いけど、終わり方が…。 あだ○充風にしたかったのかもしれないけど、下手すぎ。

さん

食ってェ食ってェ食い尽くせ! 桃高魂で食い尽くせ!!

作品情報

作品名
大食い甲子園
作家名
土山しげる
出版社名
日本文芸社
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
ヒューマンドラマ
配信日
2016年1月26日
タグ
学園料理・グルメ日本文化勝負・バトルリアル・日常部活動
サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!