Hへのハードルが低すぎる村 ~女子大生が夏休みに訪れたのは誰とでもヤッちゃう村でした~

Hへのハードルが低すぎる村 ~女子大生が夏休みに訪れたのは誰とでもヤッちゃう村でした~

全4巻 完結

Hへのハードルが低すぎる村 ~女子大生が夏休みに訪れたのは誰とでもヤッちゃう村でした~のあらすじ

実用性が高すぎる“村マンガ”!『私が望めばここではHなことができるんだ…』都内に住む大学生の村山風歌(むらやまふうか)が夏休みを利用して訪れたのは、のどかな農村。その日はちょうど年に一度の夏祭りということで軽い気持ちで参加するのだが、祭りのシメに行われたのは村中の妙齢の男女が集まり催される『性交の儀』。突然に目の前で始まる大乱交。「ああぁーーー、おま●こイクぅーーー…」会場中に響き渡るあえぎ声と蒸れた男女の香りに、彼女のカラダも反応してしまい…。『この村では、ここでHするのが普通なんだよね…』どこにでもいる女子大生が経験する、山奥の村で繰り広げられる異常な《不純異性交遊》。『私、しちゃってる…外で、知らない人のち●ぽ挿れて…』

作品情報

作品名
Hへのハードルが低すぎる村 ~女子大生が夏休みに訪れたのは誰とでもヤッちゃう村でした~
作家名
逆又練物
出版社名
たかだ書房
レーベル名
こすりクラブ
ジャンル
青年Hマンガ
サブジャンル
描き下ろしちょっとHな男性マンガ
配信日
2019年6月6日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!