ピストン堀口物語

ピストン堀口物語のあらすじ

昭和6年、栃木県真岡。日本拳闘倶楽部の創立者・渡辺勇次郎がボクシング興行で訪れたとき、飛び入りでプロ・ボクサーの花井に挑み、もう少しで勝ちかけた少年がいた。真岡中学柔道部主将・堀口恒男である。早稲田大学に進んだ堀口は、その大器を見込んだ渡辺に歓迎されて日本拳闘倶楽部に入門した。防御を無視しひたすら打ちまくる独自のスタイルに徹した堀口は、日仏拳闘戦の日本選抜戦に出場。その戦いぶりに『ピストン』と冠された。決勝に進出した堀口は、大先輩で『ノックアウト・アーティスト』と呼ばれた中村金雄と対戦し、勝つ。そして日仏決戦へ!梶原一騎の処女作にして遺作となった巨編。梶原ワールドの原点を見よ!!

作品情報

作品名
ピストン堀口物語
作家名
影丸譲也梶原一騎
出版社名
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ
サブジャンル
スポーツ
配信日
2019年7月31日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!