妖狐上司の意地悪こんこん

妖狐上司の意地悪こんこん

全7巻 完結

妖狐上司の意地悪こんこんのあらすじ

妖狐と人間の間に生まれた伊吹は、半妖という理由で妖狐一族から蔑まれていた。ところが13歳になったある日、父の死をきっかけに突如として妖狐の力が目覚め、絶大な妖力を手にしてしまう。神狐に近い妖力の持ち主となった伊吹は、今度は妖狐界を支配しようと企む者たちから狙われるはめに……。「お前のことは俺が守ってやる……」妖狐族きっての名門、九鬼家の次期家長・忠継に力を封印してもらい、彼の秘書見習いとして匿れることに。忠継によるセクハラまがいのボディータッチに感じてしまいながらも、役に立とうと健気に頑張る伊吹。そんな時、伊吹を追う一族の式神に居場所を見つけられてしまい……。秘められた力を狙う妖狐一族の陰謀に次第に巻き込まれいき―――!? (この作品はラルーナ文庫『妖狐上司の意地悪こんこん』(発行:シーラボ)を分冊、再編集しコミックノベル化したものです。)

作品情報

作品名
妖狐上司の意地悪こんこん
作家名
庭鳥ヒナコゆりの菜櫻
出版社名
パルソラ
レーベル名
コミックノベル「yomuco」
ジャンル
BLマンガ
配信日
2019年6月6日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!