トスカの狗 act.4

トスカの狗 act.4のあらすじ

「股開いてまで擦り寄っていったのに」黒田組若頭・冬史(とうじ)と仁科(にしな)の肉体関係を知った五條(ごじょう)は、ついに仁科への嫌がらせから、冬史に傷を負わせる。満足げに仁科を物にしようとする五條を前に、仁科の口から告げられた真実。それは、全て桐ヶ谷組のため、自分の手を汚さず五條を消すための企みであるということだった――。一方重症こそ負わなかったものの、冬史も黒田組も事件の首謀犯を血眼で探していた。そんな冬史を見舞いに訪れた仁科。偶然にも病院で冬史の本名を聞き、施設時代の幼馴染であることを知ってしまい…!全てを知った二人は、初めて心まで裸にして抱き合うが。

作品情報

作品名
トスカの狗
作家名
乃一ミクロ
出版社名
オーバーラップ
レーベル名
LiQulle
掲載誌
LiQulle
ジャンル
BLマンガ
配信日
2019年5月20日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!