はだしの天使のあらすじ

脇坂友美は難産の末に元気な長男・ユウタを出産した。ユウタが1歳になった頃、友美はユウタが名前を呼んでも振り向かない、自分たちの顔を見ようともしないのに不安を感じるようになった。看護師である友人に勧められ、専門の医療機関で診察をしてもらったところ、ユウタは「精神遅滞を伴う小児自閉症」と診断された──。自閉症児の成長と母子の絆を描く感動の実体験コミック!!

作品レビュー

さん

障害児を抱える母親が、障害者団体や市民()の会に感化されて、普通級ゴリ押しのモンペに進化する様にイライラさせられる。付き添いもなしで小学校、中学校と知的障害ありの自閉症児をねじ込むが、周りは迷惑すぎると思う。漫画で美化されているのを読んでも、ドン引きするレベルのモンペっぷり。

さん

現実の母親感と周囲の理想が強い。ただでさえデリケートなテーマの漫画なのだから母親を主人公のキャラとしてもっと感情移入しやすい思考にすればよかったのに矛盾するような態度が否めないのが凄く勿体ない。これは障害うんぬんではなく作者の問題。障害をテーマに挑む力量がない。気になったのが某漫画と、ところどころ同じ設定があったのが気になった。

さん

母親がひたすら非常識で自己中。 迷惑掛けているのに迷惑を掛けてないと言い張って謝らなかったり、すぐに差別だ!と騒いだり見ていてとても不快になる。 打ち切りになったのも当然。

作品情報

作品名
はだしの天使
作家名
さがわれん脇坂友美
出版社名
ぶんか社
ジャンル
女性マンガ
サブジャンル
ヒューマンドラマ実話・体験感動作家族
配信日
2019年5月17日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!