ゼロコミアプリなら会員登録不要でサクサク読める

女帝花舞のあらすじ

銀座の女帝・彩香の娘として育った明日香。名門の娘が多い私立校で水商売の娘と蔑まれ、鬱積した不満を抱えていた。女帝の母にも反抗。憧れは祇園の舞妓に…。そんな時、育ててくれた安西のお婆ちゃんが死に、明日香の心に穴が空いてしまう。相談した菱和会会長の伊達に「ママに反抗するなら、ママの手から離れてお前の力で生きろ」と言われて決心、十七歳で家出して京都へ出た。祇園甲部にある屋形を兼ねた茶屋の『よし野』に入ろうとするが、身元のしっかりした者でないと駄目だと断られ、母を頼れない明日香は、伊達のもとに…。名作『女帝』の、続編がリリース! 彩香の娘・明日香の新たな女帝伝説が始まる!!

作品レビュー

さん

作品や明日香に厳しい評価多いけど私は面白かったけど?そもそも「着てはもらえぬセーターを 涙こらえて編」んじゃうような忍耐、根性の昭和の女と比べるほうがおかしいでしょ!舞妓芸姑の世界、政界、裏社会…色々リアリティがあるのもいい。あ~でも彩香のアゴのたるみ、そこリアリティいらなかったわー

さん

全シリーズと比べて主人公の思慮が浅い、同じ話の繰り返し、ヤクザと政治部分の話ばかりで成り上がっていく様がない。 同じ人が書いてるとは思えないくらい面白くなくて驚きました。

さん

女帝と比べちゃうと花舞は落ちるなーと思います。他の人のコメントに同意で明日香ちゃんにもう少し聡明さが欲しかった

作品情報

作品名
女帝花舞
作家名
倉科遼和気一作
出版社名
グループ・ゼロ
ジャンル
女性マンガ
サブジャンル
一般ラブストーリー劇画
配信日
2019年7月31日
ゼロコミ

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!