板前鬼政のあらすじ

頬に一文字傷を持つ凄腕の流れ板前・梶川政一は、一流の腕前と徹底的な仕事ぶりから鬼政の異名を持つ板前である。だが、それだけの腕を持ちながら一つの仕事場に留まる事をしない。なぜなら幼い頃、生活苦から養子に出された行方不明の妹・悦子を探し出すためであった。流れ板前で培った人脈や人伝を駆使して梶川はいつの日か、妹と再会し、再び家族として暮らしていく想いを胸に秘め、鬼政は今日も板場で包丁を振るうのであった…

作品レビュー

さん

未完は残念、でも面白かったー! 鴨川さん、幸せになっててくれ(心の底から応援

さん

寂しすぎる終わり…文句なく面白いからこそ、寂しい…

さん

めっちゃ面白くて一気に読んだ

作品情報

作品名
板前鬼政
作家名
笠太郎
出版社名
グループ・ゼロ
レーベル名
マンガの金字塔
ジャンル
青年マンガ
サブジャンル
ヒューマンドラマ料理・グルメ
配信日
2019年5月21日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!