開化将棋異聞 ヤンケの香介

開化将棋異聞 ヤンケの香介

全8巻 完結

開化将棋異聞 ヤンケの香介のあらすじ

今は遠き明治の世、“真剣師”と呼ばれる将棋に命を賭ける男たちがいた――。小柄な体格のため、相撲部屋の弟子入りを断わられた駒田香介(こまだ・きょうすけ)。しかし、彼には誰にも負けたことのない将棋の腕があった! 東京に敵はいないと天狗になっていた香介は、十二世名人・小野五平の弟子、綾小路氷吾(あやのこうじ・ひょうご)との対局で初めての敗北を喫する。その後も真剣師・能面の政(まさ)、文士・幸田露伴(こうだ・ろはん)らとの対局で敗北を重ね、プライドはズタズタにされる。そんな香介を世話したのは早指しのお龍(りゅう)とよばれる女真剣師だった……。流星のように駆け抜けた“ヤンケの香介”の物語が、今、始まる! ※毎日コミュニケーションズ刊行のコミックス第1巻を分冊しております。

作品情報

作品名
開化将棋異聞 ヤンケの香介
作家名
村祭まこと
出版社名
eBookJapan Plus
ジャンル
少年マンガ
サブジャンル
職業・ビジネス
配信日
2019年5月20日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!