母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

全17話完結

136,034人が読んでいます

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死"の意味とは――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感"を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。のあらすじ

「自分の母親だけは、絶対に死なないと思い込んでいた――」最愛の母のがん告知、闘病、葬儀。そして死後も淡々と続いていく日常で作者が発見したこと。現実と真摯に向き合う過程で見えてきた“母の死"の意味とは――。どこか勝手の違う“母親のいない世界の違和感"を新鋭が紡ぎだす自伝エッセイ漫画。

ピックアップレビュー

匿名さん
5

最高に感動しました…今までになかった本音を恥ずかしいけど言ってくれた漫画です!

匿名さん
4

良い話だと思う。ただ、身内の死を想像してしまい、胸がつかえて苦しい。涙も止まらない

匿名さん
5

母を亡くして3年。 同じ遭遇の人を探したり母と小さい頃から行っていたスーパーが切なかったり。母との思い出がたくさんです。 全く同じです。

新着レビュー

さん

父を亡くした時の喪失感と、今、介護している母の事とダブって涙が止まりません。でも誰もが経験するであろう、親を亡くした時の正直な気持ちを、漫画という形で世に出してくれた事を感謝します。ごく一部を除き、この世の中で、何があろうと無償の愛をたっぷり注いでくれるのが、親ですよね。まだ両親が健在な人にも、そうでない人にも読んで欲しい漫画です。

さん

祖母がなくなったときをおもいだして泣き、母がなくなったときのことを想像して号泣

さん

自慢話や愚痴を聞いてくれる母の存在は偉大だと気づかせてくれる。とともに妻の存在もまた子どもにとって母なのだと気付ける。 温かい漫画です。

作品情報

作品名
母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。
作家名
宮川さとし
出版社名
新潮社
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
ヒューマンドラマ
配信日
2017年11月13日
タグ
リアル・日常エッセイ子育て・家族実話感動漫画家
サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!