ICHIGO 二都物語

ICHIGO 二都物語
4.3
10件のレビューを見る

全122話完結

234,457人が読んでいます

「ICHIGO 二都物語」のあらすじ・詳細

昭和27年、土木建設会社を営む梅川組二代目・梅川源二郎は「男と生まれたからには、都を造らなあかん。男と生まれたもののそれが宿命や…」が口ぐせの夢多き男だった。そんな源二郎の長男・一期(いちご)は生後間もなく急性肺炎になり、片肺を取るという大手術をすることになるのだが…!?

全122話完結

無料
の話は会員登録なしで読むことができます

ピックアップレビュー

匿名さん
5

すごい作品だ!ドキドキして心配して不安になってどっぷりはまってしまった。続きが気になるが毎日少しずつ読んでいきたい、読み終わるのがもったいないそんな作品だ。素晴らしいの一言。六田先生、大傑作をありがとうございます。

新着レビュー

匿名さん

すごい作品だ!ドキドキして心配して不安になってどっぷりはまってしまった。続きが気になるが毎日少しずつ読んでいきたい、読み終わるのがもったいないそんな作品だ。素晴らしいの一言。六田先生、大傑作をありがとうございます。

lapiiisさん

戦後に産まれ 昭和を生きたICHIGO 登場人物それぞれが 懸命に都を描き築いて 複都物語的 その後のICHIGOは 心穏やかに静かに暮らせたのかな? 心底、悔い改めても 生き様を変えられる人は殆どいない 頭で、どんなに考えても 心の渇きや哀しみが満たされる事は少ない ヌルヌルに惑わされず 日常に羅針盤を掲げて欲しいなあ 誰かに求められる喜び 自分の存在意義をみいだし自己評価できるとき 心の隙間や渇望が満たされる事は多いと想う 自分をゆるすこと 己を優しく抱きしめて 感謝を愉しむ シアワセ思考は難しくない 目線や感覚を何処にフォーカスするかで 好循環も悪循環も簡単に生まれて廻る 平成でも 悪循環をグルグルしてしまい 攻撃的に被害妄想を膨らます人は多い 幸せの種は散りばめられているのに 勿体ないなあ 折角だもの楽しく愉しく暮らしたいぃ

7_nanamiさん

このレビューにはネタバレが含まれます。

作品情報

作品名
ICHIGO 二都物語
作家名
六田登
レーベル
ぶんか社
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
ヒューマンドラマ
配信日
2018年9月10日
タグ
サイコパス極道・ヤクザシリアスバイオレンス兄弟殺し屋

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!