女子攻兵のあらすじ

次元世紀2011、新東京都市。そこでは異常な兵器を使った異常な戦争が行われていた。兵器の名は“女子攻兵”。女子高生型巨大ロボである。女子攻兵の登場は、今までの戦争の形を変えてしまった! 主人公・タキガワ中尉率いる第13独立女子攻兵猟隊、通称“ハイエナ部隊”は制御不能となった女子攻兵を始末する殺し屋部隊。今回もいつもと変わらない簡単な任務のはずだった……。

作品レビュー

さん

クライマックス手前。わくわくが止まらない。 これはガチ名作!

さん

エヴァンゲリオンを筆頭とした90sサブカルチャーオタクカルチャーに取り憑かれた神が作ったかのような世界観。実態の見えない神に仕組まれた世界(管理社会)とそれを破壊しようとする革命の物語。現代日本を含めて世界に蔓延する閉鎖感を上手く作品に反映した妙に生々しいディストピアが描かれる。 現実か虚構か?的な構造は今まで漫画でも映画でも見たけれど、この作品が最終的に肯定するメッセージは新鮮に感じた。人によっては人生の息苦しさを救済しうるかもしれない。

さん

ただただ気付けば引き込まれる作品

作品情報

作品名
女子攻兵
作家名
松本次郎
出版社名
新潮社
ジャンル
青年マンガ
サブジャンル
戦争・軍事・戦記ダークロボット
配信日
2017年7月10日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!