おとこ道

おとこ道
4
22件のレビューを見る

全8話完結

9,028人が読んでいます

「おとこ道」のあらすじ・詳細

昭和19年8月、赤坂の近衛野砲第十四部隊に入営した初年兵の相馬銀次郎は仲間を庇い、古年兵に徹底的に痛めつけられるが、ある時、上官に反抗して投獄されてしまう。そして、そこでの地獄の拷問に耐え抜き、翌20年8月に終戦を迎えると、銀次郎も解放された。

全8話完結

無料
の話は会員登録なしで読むことができます

ピックアップレビュー

匿名さん
5

…と思う人も多いとは思うけど、ここにはとても大切な理想がある。おとこ道というより、ひとの道とでもいうべき真理がある!

匿名さん
5

かなり昔の、矢口高雄先生もまだ絵が落ち着いてない頃の作品だけど、悪童〜不良〜人間不信を経て自我に目覚める1人の男のずっしりした物語は読み応えあり。さすが梶原一騎原作。

匿名さん
5

よくある押し付けがましい凝り固まった漫画だと思っていたが正反対!一人の少年の波乱万丈ながらも確実に成長してゆく様は必見

新着レビュー

さん

人間の素晴らしい成長物語

さん

昔の人はこれ読んで感動してたの?本気で??

さん

梶原節が効いてますねぇ。

作品情報

作品名
おとこ道
作家名
梶原一騎矢口高雄
レーベル
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
ヒューマンドラマ
配信日
2015年2月23日
タグ
日本文化巨匠極道・ヤクザシリアスバイオレンス戦争
サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!