ゆきのいろのあらすじ

人生の目的とは何か、幸せとは何か、生きがいとか何か。永遠にして最も難しいテーマについてヒントを与えてくれる、心暖まる作品。──青木ゆきは風俗嬢。風変わりなおじいさんとの出会いをきっかけに絵を描き始めるが、下手な絵しか描けない。しかも彼女の絵を見て激怒する人さえいた。しかし彼女の才能を見込む人も現れて……。上手い絵とは、下手な絵とは、才能の有無とは、いったい何なのか? 悩める人におすすめです。

作品レビュー

さん

繰り返し読みたくなる構成。普遍的なテーマで、今後も読み続けてもらいたい作品。絵を描きたくなりました。

さん

この作者の画力が凄い。しかも絵のうまい人が下手に書くのは本当は難しいのに、うまく 下手な絵も描ける。ただそれ以上にストーリー展開が素晴らしい。派手さはないがどんどん引き込まれる。読んだ後で気持ちがほっこりする良い作品だった。ただ風俗嬢の設定は勿体ないな。そっちの方向の作品と曲解される可能性があり、このハートウォーミングな作品をその一点で目を通さない人が出てくるのが惜しい。ゆきがたまらなく可愛いと思った。

さん

面白く続けて読み切る事が出来ました これからの「ゆき」の人生が気になります

作品情報

作品名
ゆきのいろ
作家名
石川サブロウ
出版社名
グループ・ゼロ
レーベル名
マンガの金字塔
ジャンル
青年マンガ
サブジャンル
ヒューマンドラマ
配信日
2019年5月21日
マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!