ヒル

ヒル

全50話完結

3,424,161人が読んでいます

佐倉葉子21歳。彼女は不当に手に入れた鍵を持ち、住人が不在の家を渡り歩いて、生活をしている。そんな葉子の前に、突然現れたのは、死んだはずの同級生・月沼マコト。彼の口から語られるところによると、葉子は知らず知らずのうちに「ヒル」と呼ばれる存在になっていたらしい。「ヒル」とは一体、何なのか?新時代のドロップアウトストーリー。 好評連載中の「ヒル・ツー」も掲載中!

ヒルのあらすじ

佐倉葉子21歳。彼女は不当に手に入れた鍵を持ち、住人が不在の家を渡り歩いて、生活をしている。そんな葉子の前に、突然現れたのは、死んだはずの同級生・月沼マコト。彼の口から語られるところによると、葉子は知らず知らずのうちに「ヒル」と呼ばれる存在になっていたらしい。「ヒル」とは一体、何なのか?新時代のドロップアウトストーリー。 好評連載中の「ヒル・ツー」も掲載中!

ピックアップレビュー

匿名さん
5

とても面白かった! 読んで良かったと思える物語でした。 1話から最後まで無料で読めるのがまた凄い

匿名さん
5

面白かった。この作品をもっと若い頃に読んでたらどう感じただろうか。どこか茫漠とした現実感のない表紙に想像する印象によって鮮やかに読者を騙す序盤の展開は見事。ヒルという発想だけならまるで短編のそれとして終わりそうなものだが、実はそこから社会の中の存在としての人間や寄生と孤立の間にある人間といったことが考えさせられることを、すなわち文学性を、微かにだが描き出し、その世界を巻数こそそこそこだが、短編で終わらない物語に展開されているのが素晴らしい。その文学性に埋もれ過ぎないことが明るい真昼のリアリティを壊さなくていい。言いたいことはまだまだあるがこれくらいで。(ハコちゃんみたいな娘なら家に居てもいいけど、あんなオッサンが家に居たら嫌だ〜)

匿名さん
5

よかった! 最後を想像に任せる感じがいいね! わたしはハッピーエンドで受け止めます! 月沼かっこよすぎた。

新着レビュー

さん

ヒルツーまで読んでまた読み返し♬月沼カッコいいなぁ〜。月沼見てると米津玄師思い出す❤

さん

11話まで読んで1話も読み直してみたけど、ヒルは実際に死んでるのか生きてる設定なのかが分かりにくい(^^; 葉子(事故死or誤報)、月島(中1で自殺or?) 内容自体は面白いのでそこは残念。とりあえず生きてる前提でもう少し読み進めてみます。

さん

重たい題材だけど、主人公の楽天的なキャラクター性のお陰か、希望が持ててさらさら読める。

作品情報

作品名
ヒル
作家名
今井大輔
出版社名
新潮社
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
裏社会/アングラ
配信日
2016年10月14日
タグ
胸キュン女性もハマるシリアスアウトローニート子育て・家族
こちらも一緒に読まれています
サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!