クライングフリーマン

クライングフリーマン

全103話完結

4,167人が読んでいます

チャイニーズ・マフィア「百八竜」によって、暗殺者に仕立てられた新進気鋭の陶芸家・火野村窯。「フリーマン」という名で殺しを行う彼は、命を奪うたびに己の運命を嘆き涙する。その姿はまさに「クライングフリーマン」、心弱き暗殺者の運命やいかに...。

クライングフリーマンのあらすじ

チャイニーズ・マフィア「百八竜」によって、暗殺者に仕立てられた新進気鋭の陶芸家・火野村窯。「フリーマン」という名で殺しを行う彼は、命を奪うたびに己の運命を嘆き涙する。その姿はまさに「クライングフリーマン」、心弱き暗殺者の運命やいかに...。

ピックアップレビュー

upside03さん
5

資質を見初められ強引に殺し屋に仕立て上げられた男。 仕事を終えるたび条件反射で涙がこぼれる。 という設定なので筋書きとしては 自分を殺し屋にした組織に復讐、であるべきなのだが、 その組織が実在していたと連載中に発覚 しかも作品を読んで気に入っていると言うから、 とても悪くは書けなくなり路線変更を余儀なくされた。 てな経緯があるものの、細かい辻褄はどうでもいい。 めちゃくちゃ面白い。 ギャグ要因の巨漢の女を含め、なんじゃそりゃという描写の連続で ロマン、人情、アクション、バカが詰まってる。とにかく楽しい。

新着レビュー

さん

資質を見初められ強引に殺し屋に仕立て上げられた男。 仕事を終えるたび条件反射で涙がこぼれる。 という設定なので筋書きとしては 自分を殺し屋にした組織に復讐、であるべきなのだが、 その組織が実在していたと連載中に発覚 しかも作品を読んで気に入っていると言うから、 とても悪くは書けなくなり路線変更を余儀なくされた。 てな経緯があるものの、細かい辻褄はどうでもいい。 めちゃくちゃ面白い。 ギャグ要因の巨漢の女を含め、なんじゃそりゃという描写の連続で ロマン、人情、アクション、バカが詰まってる。とにかく楽しい。

作品情報

作品名
クライングフリーマン
作家名
小池一夫池上遼一
出版社名
グループ・ゼロ
ジャンル
青年マンガ
カテゴリ
裏社会/アングラ
配信日
2016年9月8日
タグ
ガンアクションハードボイルド劇画戦争殺し屋

こちらも一緒に読まれています

サポートメニュー
マンガZEROアプリ

アプリ版ダウンロードはこちら

会員登録すると毎日無料で
8話分チケットが貰える!