「素敵なロマンス」の漫画・コミック一覧 - 全巻無料や試し読み漫画が多数! | ゼロコミ
ゼロコミアプリなら会員登録不要でサクサク読める

素敵なロマンス

313件ヒット

急上昇中素敵なロマンスのマンガを一気にチェック!

  • ライ・ライ・ライ

    成瀬涼子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    俺は幾つもの体験を通して「学習」した。もうワンランク上に行くためには実力だけじゃだめなんだ。俺は常務の娘との見合いの席でも、その後の付き合いでも全精力を費やし、俺は彼女の心を、これ以上無いコネをついに手に入れた。そんな時、見合いの席で大げんかしていた女の子と再会した。「嘘は許せないんです」だって。あんなで世の中渡っていけるのかねえ。と思っていたら、見知らぬ男とラブホテルに入って行く婚約者を目撃。なんだあ!?まあ、お互い様ってことか。俺は無性にあの子に会いたくなった。彼女は言った。「私は嘘をついた事は無いです。特にお母さんが亡くなってからは。私の父親、嘘ばっかりついてた」俺は、何故かこの子に会うとホッとする。

  • ベッド・インからの契約結婚~二人で満月を見よう

    小沢孔璃子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    彼氏にフラれたアラサーの女性誌編集長、仁穂。憂さ晴らしに飲み歩いていた翌朝、自宅のベッドで目覚めると…、隣には何故か見知らぬ年下の男が!! 間壁章一と名乗る彼をすぐに追い返そうとするも、その口から「ゆうべ二人は夫婦の契りを交わしました」という言葉が出てきて!? 酔った勢いとはいえ、理想の男とは遠いはずの章一と、一夜を共にしたことに後悔する仁穂。しかし、章一の家事の腕がとても立つことに加え、彼の優しさや自分への愛情が確かなことに、しばらくは契約結婚の生活を続けることにしてみたら…!? ほか、美形で女遊びを繰り返す男が、心から人を愛するまでの過程を描いた大人のラブストーリー、『ミスターロンリー』も収録!!

  • お気楽ゴク楽ろくでなし

    福田素子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    新婚1カ月目のある日、帰宅する夫を出迎える新妻に待っていたのは「今日さ――、会社辞めてきちゃった」え?。人材派遣会社に籍を置いて会社を巡ること数10社。自慢じゃないけど人を見る目は育てたつもり。その自慢の目がとらえて離さなかったのが、最後の勤め先で見つけた彼――。そして今は私の夫。いわゆるひとつのエリートってやつだったかも知れないけど、ちっとも気取ってなくって、絶対自信の選択だと思ったのに――。ある日、夫がプッツンときてしまった――!!大手商社の課長職だったのに、新婚1カ月目で突然退職(それもニコニコと)。「ストレスが原因かも。ううん、でももっと他に理由が…。それに妙に明るいのも不気味…いったいどうしちゃったの」

  • セカンド・ヴァージン

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    7月18日、29歳になった。1人暮らしを初めて4年目。今のリサーチ会社に転職して3年目。彼、中尾俊行と付き合う様になって半年。「結婚しちゃわない?僕と。僕達結構いいパートナーになれると思うな」「半年でそういう結論を出すのは早すぎると思わない?」「やれやれ慎重なんだな」「この年になったら勢いだけじゃ結婚できないのよ」なんて話を和やかにしている時、中尾が突然1人の男に呼びかけた。「浅田…?浅田じゃないか!?」彼を見た景子は驚いて言葉も出ない。浅田は「僕は君の恋愛ごっこに付き合っていられる程、暇でも酔狂な男でもないんだ」と冷たい言葉を吐いて、景子を振った男なのだ。…浅田省吾!!こんな所で出会うなんて!!冗談じゃないわ…!!

  • 【素敵なロマンス】ロマンス

    文月今日子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    楠城物産社長、博文39歳。姉の夫。姉が13年前に亡くなってからずっと兄妹として暮らして来たけれど、私はお兄さんが大好きだった。博文は、ある日見合いをすることになった。実は妻の妹の沙也香を嫁に出すのが目的だったのだが、妹達は「あたし達を追っ払って再婚しようなんて甘いわよっ」。娘でさえも「あたしの気に入らない女の人なんて絶対許さないから」というありさま。13年間、博文の事を秘かに想い続けていた沙也香の本心は複雑。ところが秘かにどころか皆に博文との結婚を勧められて…!?

  • 【素敵なロマンス】19時にパリで

    光崎圭秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    借金を返すため、バートの愛人になったリネット。お金持ちのバートは、いい部屋、いい家具、みんなくれるけど、彼には奥さんが…!?ある日、友人のエバが訪ねて来た。「リネット。あんた…レディング氏に別居中の奥さんがいること知ってる?」「え…!?」リネットの顔が曇る。「最近のあんたを見てると心配なのよ。忘れないで。彼は単なるパトロンで、あんたは愛人に過ぎないってこと」「わかってるわ」わかってるわ…そんなこと…。

  • LovingYouー季節はずれの女達ー

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    そりゃ誰か紹介してって頼んだわよ。そりゃ私も、もう30よ。でもねっ、もっとましなのがいそうなもんじゃない!!やめてよ。冗談じゃないわよ。こんな男のパンツ洗ったり食事作ったりしなきゃいけない訳!?おまけにこんな男と夜の…!?思わず血の気が引いて私は逃げ出してしまった。そんな所に5年も前に別れた男、等が現れた。「なんでこんな所にいるのよ」「物見遊山。ここで今日子がお見合いだって言うから面白そうだなって思って。やれやれ、そこまでして結婚したいもんかね」「したいわよ!!結婚したいのよ、私!!純白のウエディングドレス着たいのっ!!私もう30よ!!いいかげん幸せになりたいの!!女の幸せが欲しいの!!分かる!?だから等、いい男紹介しなさいっ!!」「えっ!?」

  • 【素敵なロマンス】夢見てマリアージュ

    小野弥夢秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    女に生まれて良かった…と思える日は、きっと理想の相手と結婚できる時。そんな日をあたしも待っている。待っていたのになんで…!?由佳は派遣社員。頑固な料理人とイヤミな上司の板挟み。でも恋人の俊治は「派遣の子にそんな大変な仕事させるなんて、かわいそうだな」って同情してくれるし、ステキなレストランにも連れて来てくれる。派遣の仕事は、あと1カ月で終わるし、あとは俊治さんとの結婚の準備…。なんて思ってたら、今話題の売れっ子美人ソムリエ、田坂美咲が挨拶に来た。パリ時代からの知り合いだと言う。由佳の心を見透かすような美咲に…!?

  • 【素敵なロマンス】初恋リターンマッチ

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    15年前、私が園児だった頃、憧れだった園長先生の息子、省太郎。今は私が働く園に、なんと彼が先生としてやってくる。これは運命!?ところがやってきたのはサングラスに革ジャン。くわえタバコの悪そうな男。タバコを捨てて、園児に注意される始末。怖そうな外見に園児が泣き出し、勘違いした真知子は看板で殴りつけてしまう。なんと、この人が省太郎先生だったなんて。私ったらなんてことを?っ。美しいはずの再会が、最悪の再会に…!?

  • 恋かもしれない

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    恋なのかも知れない。煙草をもてあそぶ細い指。少し長めの髪。グラスを傾ける横顔。いつも気になってた。恋人から全然ロマンチックじゃないプロポーズ。3年も付き合ってるとこうなるのかしら。3年も付き合ってると、私のものじゃない口紅が、あなたのアパートの洗面所に落ちていても問いつめもしなくなるのかしら。だから、あの席で出会うあの男性のことが、こんなにも気になるのかしら。いつかは色あせるのかしら。この肩越しに見つめるだけの恋も。そう思ったら涙がこぼれた。どうかしてる、私。これじゃ10代の子供じゃないの。手遅れの恋だと思っていた。見つめるだけでいいと思っていたのに。彼から誘われた。私は躊躇しなかった。あなたが好き。あなたが…。

  • 【素敵なロマンスコミック】あいつとわたし

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    同期の庄野崇が課長に昇進した。しかも常務のお嬢さんと見合いの話もあるらしい。別に付き合ってる訳でもなんでもないけれど、気にならないと言えば嘘になる。しかも今私にはヘッドハンティングの話が来ている。しかも部長待遇で。友人に話したら「いつまでも庄野崇と同期の桜ごっこしてないで、とらばーゆして男を作るのよ!!」なんて言われちゃった。「いいかげんにしてよね、庄野崇、庄野崇って」「庄野崇、庄野崇って言い続けてきたのは、あんたの方でしょ。この10年間、他の男の名前なんか聞いた事無いわよ、私」「え…う…嘘」「いかに通子の異性関係が貧困だったか分かるわね」「私、少し考えてみた方がいいみたいね」早速友人に見合いを進められるが!?

  • 愛の分岐点

    小野弥夢秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    果林の恋人、弦は同じバレエ団のプリマ、葵の相手役。果林は群舞の中の1人。親友の緑は、公演後もレッスンに行っているらしい。緑は主役の座を狙っている。「ほんとは果林のほうが上手くて主役につくのがそう遠くないって分かるから、よけいくやしいんだわ」「気を付けないと果林、今に追い越されちゃうわよ」「ショックか…?」聞いて来る弦に「…かなり…」と答える果林。そんな果林に弦は「欲、出せよ。根性見せてみろよ。俺の所までよじ上って来いよ」と言った。「俺は忘れてはいない。オマエに約束したあの日の事を」約束したあの日。弦が葵のパートナーに選ばれた時。「俺はお前とペアを組む事が目標なんだ。惚れてるお前と踊りたいんだ。待ってるからな」

  • 君は僕の心の星―季節はずれの女達―

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    深窓のご令嬢も30過ぎればただの人。母親の見合い攻撃(しかも釣書は立派だがみんなオヤジ)にうんざりした美紗子は、父親の会社で働くことにした。働いて立派に自立してみせるわ。女の幸せは結婚だけじゃないわ。心機一転して仕事に生きるキャリアウ―マンになるのよ!!それに、もしかしたらお父様の会社で素敵な男性と運命の出会いをして大恋愛をして、どんでん返しのハッピ―エンドになれるかも知れないわよね。「お姉様、世の中そんなに甘くなくてよ」と妹に諭されるが、美紗子は聞く耳を持たない。そうよ。私の人生はこれから花開くのよ。ドキドキしながら初出勤。すると意外なほどいい男が多い。特にエレベ―タ―で乗り合わせた笠原は、かなりイイ!!

  • 一度だけルパン

    成瀬涼子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    現役の警察官の親父。元警察官のじーちゃん。大和撫子(だった)ばーちゃんに、のんびり屋のおふくろ。小生意気な妹にねこのフミャ。この死ぬ程騒々しい我が家を“水倉たまき”は気に入って、しょっちゅう遊びに来ていた。「福田君ちってほかほかする」「そっかなー」「あたし福田君ちの子だったら良かった」「これからなりゃいいじゃん」「どうやって?」「そりゃ、うちの嫁になるとか、その俺と結…」小さい頃から俺はたまきにぞっこんだった。だが、彼女は高校を中退して50過ぎの大金持ちと結婚した。彼女の両親は親戚に多額の借金を残したまま死んだ。小さかった彼女は、その親戚に引き取られた。だから縁談を断れなかった。そんな彼女が突然俺の前に現れた…!!

  • ハートの厚さ

    福田素子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    婚姻届、たった0.数ミリの厚さ…。仕事が終わって一緒にいられる時間が少しでも欲しくて同居を始めた。毎日愛し合って、時々ケンカして、ずっとそうだと思っていた。婚姻届けにサインするのだって、蜜月な時をずっと続ける約束だって思ってた。たった0.数ミリの厚さ。何も変わらないと思っていた。なのに…。「結婚して日が経つにつれて愛情が薄らいで行く感じなのよ、彼。なんだか疲れて帰って来る日も増えて、Hだってね…。しかも極めつけが仕事を変えるなんて言い出したのよっ!」「転職?」「今のスタジオミュージシャンの仕事は不安定だから安定した仕事に変わろうと思ってるって」「まあっ意外に責任感が強かったんだ」紙切れにサインしただけで変わるの!?

  • ハート・ビート

    上住莉花秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    学生時代の仲良しグループ。先輩後輩問わず、出たり入ったりで卒業して5年目の今では6人。生真面目な田中君と一途な良子の高校生以来の純愛カップルは、卒業後すぐにウエディングベルを鳴らし、グループの中心的存在の桑名先輩と美人でしっかり者の友美は、互いに他に寄り道しながらも、この度めでたくゴールイン。残ったのは――。私と出来れば個人的にはあまり顔を合わせたくない、新藤彰…か。もう卒業して5年も経つのよね。いつまでも気まずいままっていうわけにはいかないわよね…。昔から女の子に人気あったものね、新藤君。大学時代、何人見た事だろう、新藤君が連れていた女の子。一番初めは同郷の高校の後輩の女の子だった…。

  • ウェザーガール in ワンダーランド

    文月今日子秋水社ORIGINAL

    0(0件)

    その日、私は3度目の失恋をして会社を辞めた。私、雨森亜季(27)はスジ金入りの雨女。思えば幼稚園の入園式から遠足、運動会。楽しみな行事は雨に降られに降られまくり、休んだ日、カラリと晴れる。そーゆー日々を送った私は、成長したらやっぱり男にふられる運命なのかもしれない。いいえ…いいえ。そんなハズないわっ。そうよっ。今度こそ故郷で新しい恋を見つけなきゃ。どしゃ降りの雨の中、帰郷した亜季を迎えに来たのは幼なじみの光夫。「俺で良かったらいつでもつきあうぜ」って、何言ってるの。あなた妹のBFのくせにっ。ところが光夫が来た途端、空がピーカンに晴れた!?光夫は最強の晴れ男だった。しかも妹とは別れ、現在フリー。でも年下なの。

ゼロコミ

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!