BLACKRAINBOW

23件ヒット

読者評価が高いBLACKRAINBOWのマンガを一気にチェック!

  • 【フルカラー】イクまで終わらない強制エロすごろく 2 Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー120ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー】イクまで終わらない強制エロすごろく 2 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー233ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー】擬態催眠 Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー127ページ】村越進太は、他人と比べて性的な妄想が過剰な学生。それでもそれを隠しつつ、鬱屈した日々を送っていた。ところがある日突然、股間のモノに触手型の宇宙人が寄生してしまう。こんな股間では外も歩けないと文句を言う村越だが、その宇宙人は何の問題もないと答える始末。他人の脳波に干渉して『擬態』ができるから大丈夫と。そして村越は、その能力を使って自らの欲望を満たしていくことに…。

  • 【フルカラー成人版】催眠学園 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー217ページ】昼休み…生活指導室には男子学生の村越と教師の高崎真弓の姿。「何よ、村越いつ見ても気持ち悪いこと考えてるのが丸わかりな顔ね。あたしはこれから学園長と話があるんだから…」 「先生は僕の○○○が欲しくて堪らなくなるんですよ」「はぁ?あんた何言ってんの?」 真弓は村越の言葉を一笑にふす。すると村越は、ぼそりとあるキーワードを口にした。すると真弓は、魂を抜かれたかの様な状態になる。さらに村越は、真弓の耳元で何事かを囁き指を鳴らす。すると真弓は何も気付いてない様子で、「ちょっと気持ち悪い笑み浮かべないでよね」と言うが、言葉とは裏腹に手は村越の股間に伸びていた…。真弓は涙を浮かべ激しい拒否感を露にしながらも、体は村越の言うがままに村越のモノを激しく吸う。「先生、そんなに激しく吸い付かれたらさすがの僕も…」その時、学園長が指導室に入ってくる。その光景を目撃した学園長は目を見開き驚愕する。全てが終わったかの様な表情の真弓だが、体は村越のモノを吸い続けるのだった…。ふとしたきっかけで、手に入れた「催眠導入機」… 学園で嫌われ、相手にされなかった村越がこれを使い学園中の人間を意のままに操る。そこに転入してきた「矢野みどり」が信じられないことに、村越に告白してきた。半信半疑ながら、心が震える村越。今日も廊下で学園のアイドル「倉沢さなえ」に催眠をかけバックから突きまくっているが、ふと気が付くと、陸上部に体験入部したみどりを見ている。村越に気が付いたみどりは明るく手を振ってくれる。一方、学園長が失脚して学園長代理に納まった高崎真弓に対しては前も後ろも口もしっかりと奉仕させる。身体だけは反応する真弓に、「矢野みどりには催眠をかけていない」と指摘される村越。いつのまにかみどりを愛する自分を自覚させられる。ついにみどりと二人きりに…「電気消してほしいな…」そんな頼みも言いなりになる村越。このままみどりを愛していきたいと思っていたのだが…!

  • 【フルカラー成人版】擬態催眠 Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー127ページ】村越進太は、他人と比べて性的な妄想が過剰な学生。それでもそれを隠しつつ、鬱屈した日々を送っていた。ところがある日突然、股間のモノに触手型の宇宙人が寄生してしまう。こんな股間では外も歩けないと文句を言う村越だが、その宇宙人は何の問題もないと答える始末。他人の脳波に干渉して『擬態』ができるから大丈夫と。そして村越は、その能力を使って自らの欲望を満たしていくことに…。

  • 【フルカラー】擬態催眠 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー241ページ】村越進太は、他人と比べて性的な妄想が過剰な学生。それでもそれを隠しつつ、鬱屈した日々を送っていた。ところがある日突然、股間のモノに触手型の宇宙人が寄生してしまう。こんな股間では外も歩けないと文句を言う村越だが、その宇宙人は何の問題もないと答える始末。他人の脳波に干渉して『擬態』ができるから大丈夫と。そして村越は、その能力を使って自らの欲望を満たしていくことに…。

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー208ページ】「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は4.「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人…。「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!ゆうじと母あおいが、ゆうじの部屋で激しくからんでいる… 「やめて!やめて!ゆうじ!…」見ていた姉のゆりが泣き叫ぶ…!がばっと飛び起きたゆり。「また、この夢だ!」寝汗をかいたゆりはシャワーを浴びる。すると、ゆりの足が自然に開いてシャワーを股間に当ててそのまま指で股間を撫でつける。「あー、だめ!おしっこ出る、出る、出る…」放尿して絶頂を迎えるゆり。「なんで、こんなになるんだ…。あの双六をゆうじがもってきてから何かへんだ!」そしてゆうじの部屋に入ると双六のカードが床に転がっていた。カードを手に取るとわなわな震えてしまった。そのカードには「自慰」と書かれていた。始めたら止まらない相姦遊戯がまた始まった!※本作品の主人公たちは養女・養子の関係にあります。

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく 2

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー60ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー成人版】擬態催眠

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー68ページ】村越進太は、他人と比べて性的な妄想が過剰な学生。それでもそれを隠しつつ、鬱屈した日々を送っていた。ところがある日突然、股間のモノに触手型の宇宙人が寄生してしまう。こんな股間では外も歩けないと文句を言う村越だが、その宇宙人は何の問題もないと答える始末。他人の脳波に干渉して『擬態』ができるから大丈夫と。そして村越は、その能力を使って自らの欲望を満たしていくことに…。

  • 【フルカラー】イクまで終わらない強制エロすごろく 2

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー60ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー】イクまで終わらない強制エロすごろく(分冊版)

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー61ページ】「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は4.「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人…

  • 【フルカラー】催眠学園 Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー116ページ】昼休み…生活指導室には男子学生の村越と教師の高崎真弓の姿。「何よ、村越いつ見ても気持ち悪いこと考えてるのが丸わかりな顔ね。あたしはこれから学園長と話があるんだから…」 「先生は僕の○○○が欲しくて堪らなくなるんですよ」「はぁ?あんた何言ってんの?」 真弓は村越の言葉を一笑にふす。すると村越は、ぼそりとあるキーワードを口にした。すると真弓は、魂を抜かれたかの様な状態になる。さらに村越は、真弓の耳元で何事かを囁き指を鳴らす。すると真弓は何も気付いてない様子で、「ちょっと気持ち悪い笑み浮かべないでよね」と言うが、言葉とは裏腹に手は村越の股間に伸びていた…。真弓は涙を浮かべ激しい拒否感を露にしながらも、体は村越の言うがままに村越のモノを激しく吸う。「先生、そんなに激しく吸い付かれたらさすがの僕も…」その時、学園長が指導室に入ってくる。その光景を目撃した学園長は目を見開き驚愕する。全てが終わったかの様な表情の真弓だが、体は村越のモノを吸い続けるのだった…。

  • 【フルカラー】擬態催眠

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー68ページ】村越進太は、他人と比べて性的な妄想が過剰な学生。それでもそれを隠しつつ、鬱屈した日々を送っていた。ところがある日突然、股間のモノに触手型の宇宙人が寄生してしまう。こんな股間では外も歩けないと文句を言う村越だが、その宇宙人は何の問題もないと答える始末。他人の脳波に干渉して『擬態』ができるから大丈夫と。そして村越は、その能力を使って自らの欲望を満たしていくことに…。

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー116ページ】「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は4.「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人…。

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく 2 Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー120ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく(分冊版)

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー61ページ】「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は4.「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人…

  • 【フルカラー成人版】イクまで終わらない強制エロすごろく 2 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス

    0(0件)

    【フルカラー233ページ】どんなHな指定でも無視できない、一度始めたらクリアするまで止められない恐怖のゲーム「相関遊戯」が再び始まる。義妹の結菜をかばって病院に入院した誠人、そこに義母の菜月とお見舞いに来た結菜。「お兄ちゃん、大丈夫?」お見舞いの品は見知らぬセールスマンからもらった奇妙なゲーム「SOUKAN-YUGI」だった。病室で義姉の美咲も加わり四人で始めることになった。ピピピピ~ゲーム画面のルーレットが回る。「マッサージ」のカードが出てきた。誠人が結菜の身体を触りだす。「あははは、お兄ちゃん、くすぐったいよ」 「冗談だよ、しかし勝手に手が…」 いつの間にか「相関遊戯」のエロが始動していた…。

  • 【フルカラー】イクまで終わらない強制エロすごろく Complete版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー116ページ】「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は4.「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人…。

  • 【フルカラー】催眠学園 完全版

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー217ページ】昼休み…生活指導室には男子学生の村越と教師の高崎真弓の姿。「何よ、村越いつ見ても気持ち悪いこと考えてるのが丸わかりな顔ね。あたしはこれから学園長と話があるんだから…」 「先生は僕の○○○が欲しくて堪らなくなるんですよ」「はぁ?あんた何言ってんの?」 真弓は村越の言葉を一笑にふす。すると村越は、ぼそりとあるキーワードを口にした。すると真弓は、魂を抜かれたかの様な状態になる。さらに村越は、真弓の耳元で何事かを囁き指を鳴らす。すると真弓は何も気付いてない様子で、「ちょっと気持ち悪い笑み浮かべないでよね」と言うが、言葉とは裏腹に手は村越の股間に伸びていた…。真弓は涙を浮かべ激しい拒否感を露にしながらも、体は村越の言うがままに村越のモノを激しく吸う。「先生、そんなに激しく吸い付かれたらさすがの僕も…」その時、学園長が指導室に入ってくる。その光景を目撃した学園長は目を見開き驚愕する。全てが終わったかの様な表情の真弓だが、体は村越のモノを吸い続けるのだった…。ふとしたきっかけで、手に入れた「催眠導入機」… 学園で嫌われ、相手にされなかった村越がこれを使い学園中の人間を意のままに操る。そこに転入してきた「矢野みどり」が信じられないことに、村越に告白してきた。半信半疑ながら、心が震える村越。今日も廊下で学園のアイドル「倉沢さなえ」に催眠をかけバックから突きまくっているが、ふと気が付くと、陸上部に体験入部したみどりを見ている。村越に気が付いたみどりは明るく手を振ってくれる。一方、学園長が失脚して学園長代理に納まった高崎真弓に対しては前も後ろも口もしっかりと奉仕させる。身体だけは反応する真弓に、「矢野みどりには催眠をかけていない」と指摘される村越。いつのまにかみどりを愛する自分を自覚させられる。ついにみどりと二人きりに…「電気消してほしいな…」そんな頼みも言いなりになる村越。このままみどりを愛していきたいと思っていたのだが…!

  • 【フルカラー】催眠学園 (分冊版)

    BLACKRAINBOWTMEプラス/ウィルクリエイション

    0(0件)

    【フルカラー59ページ】昼休み…生活指導室には男子学生の村越と教師の高崎真弓の姿。「何よ、村越いつ見ても気持ち悪いこと考えてるのが丸わかりな顔ね。あたしはこれから学園長と話があるんだから…」 「先生は僕の○○○が欲しくて堪らなくなるんですよ」「はぁ?あんた何言ってんの?」 真弓は村越の言葉を一笑にふす。すると村越は、ぼそりとあるキーワードを口にした。すると真弓は、魂を抜かれたかの様な状態になる。さらに村越は、真弓の耳元で何事かを囁き指を鳴らす。すると真弓は何も気付いてない様子で、「ちょっと気持ち悪い笑み浮かべないでよね」と言うが、言葉とは裏腹に手は村越の股間に伸びていた…。真弓は涙を浮かべ激しい拒否感を露にしながらも、体は村越の言うがままに村越のモノを激しく吸う。「先生、そんなに激しく吸い付かれたらさすがの僕も…」その時、学園長が指導室に入ってくる。その光景を目撃した学園長は目を見開き驚愕する。全てが終わったかの様な表情の真弓だが、体は村越のモノを吸い続けるのだった…。

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!