ドストエフスキー

3件ヒット

読者評価が高いドストエフスキーのマンガを一気にチェック!

  • 悪霊 ─まんがで読破─

    バラエティ・アートワークスドストエフスキーイースト・プレス

    0(0件)

    「組織」のために必要な犠牲だったんだよ!――帝政末期、すべての価値が崩壊しさまざまな思想が氾濫するロシア。虚無と背徳のなかを生き、強烈なカリスマ性を放つニコライを崇拝するピョートルは、反政府組織を作り社会に混乱を招こうと企てるが、組織の印刷技師シャートフの離反をきっかけにおぞましい事件の幕が上がる――。現代の予言者ドストエフスキーが描いた黙示録を漫画化!

  • カラマーゾフの兄弟 ─まんがで読破─

    バラエティ・アートワークスドストエフスキーイースト・プレス

    0(0件)

    妖艶な美女を奪い合い、長男ドミトリーと淫蕩な父親フョードルが激しくいがみ合う。家族のことに無関心な次男イワンと心を痛める三男アレクセイ。親子の確執は激しさを増し、悲劇は起こる。信仰や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係など深遠なテーマを含む人間ドラマ。現代の予言者ドストエフスキー生涯最後の作品を漫画化!ドストエフスキー(1921~1811)モスクワ出身。処女作『貧しき人々』で文壇の寵児となるが、空想社会主義サークルとの関与で逮捕され、シベリアに投獄される。出獄後は持病の癲癇に苦しみながら締め切りに追われる作家生活を送った。ロシア文学の最高峰、国民的作家である。その他の作品に『カラマーゾフの兄弟』などがある。

  • 地下室の手記 ─まんがで読破─

    バラエティ・アートワークスドストエフスキーイースト・プレス

    0(0件)

    19世紀ロシア・ペテルブルクに、ある男が住んでいた。男は過剰ともいえる自意識から「心の地下室」へ閉じこもり、社会と断絶した生活を送っていた。あるとき男は、自身の過去の回想を記すことで、「人間の本質の非合理性」を明かしていくことを試みる。ドストエフスキーが斬新な切り口で、人間心理にメスを入れた長編小説を漫画化!

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!