杉浦要之介

5件ヒット

読者評価が高い杉浦要之介のマンガを一気にチェック!

  • 風来坊

    杉浦要之介双葉社

    0(0件)

    400戦無敗…最強の喧嘩師・銀次。“十文字の銀狼”と異名を取った男がその過去を封印し、ひょんなことから下町の食堂に居候することに。拳をすてたハズの銀次だが、熱い血までは捨て去れない。痛快無比! 力だけではない“真の強さ”“男の生き方”を描く意欲作!!

  • 雄大たれ!!

    杉浦要之介大場けいじグループ・ゼロ

    0(0件)

    大亜物産の会長は、社長以下覇気のないマニュアル人間ばかりになった会社の行く末を案じ、創業当時の『雄大たれ!!』と言う理念を取り戻すために、会長職を懸けて三人の若者を入社させた。その一人・阿蘇雄大は、日本の大学応援団の頂点に立った男である。上京した雄大は、会長派の澤井部長やその娘を暴漢から救い、入社早々社長派の細川専務の傲慢な態度を非難して注目を浴びた。落ちこぼれの集まりと言われる第三営業局・第五部に配属された雄大は、突然起こった静岡の大地震で、その真価を発揮する。細川に切り捨てられた山崎建材からプレハブ住宅を買い取り、無償で被災者に提供することを発案した。台風の迫る中、見事に被災者を風雨から救い、結果的に大亜物産の業績も上げる!

  • 会津白虎隊異聞士魂燃ゆ

    司敬杉浦要之介グループ・ゼロ

    0(0件)

    慶応4年(1868年)―――。鳥羽・伏見の戦いで薩長連合軍に敗れた経験から、会津藩主・松平容保は軍制改革を実施。16歳から17歳の武家男子によって構成される「白虎隊」を組織した。ただ愛する大地のため、愛する者達のために戦い、僅か16~17年の短い人生を終えた少年達。彼らは如何に生き、如何に死んでいったのか。いつの時代も変わらない青春が、そこにはあった……!!

  • 人情暖簾

    倉科遼杉浦要之介グループ・ゼロ

    0(0件)

    東京下町の、どこにでもあるようなネオン街の一角に構える居酒屋『おたふく』。暖簾をくぐると気さくな常連たち、そして女将の笑顔がある―――。しかしこの女将には意外な過去が……!?杉浦要之介・倉科遼のタッグによる人情味溢れるヒューマンストーリー!!

  • 居酒屋八兵衛

    倉科遼杉浦要之介グループ・ゼロ

    0(0件)

    東京下町―――どこにでもあるような商店街の外れに、これまたどこにでもあるような居酒屋「八兵衛」はある。人情味溢れるその店が他とちょっと違うところ……それは店の主人が、刺青を背負った元ヤクザだということ―――。

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!