浦河おぺら

9件ヒット

読者評価が高い浦河おぺらのマンガを一気にチェック!

  • 12日20時 男子更衣室B

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    「13日17時 視聴覚教室」「14日16時 第一資料室」……。校内で拾った手帳には、毎日のように時間と場所だけがそっけなく記入されていた。ちょっとした親切心で落とし主に渡そうと向かったその場所では、厳しく緊縛された女の子が何人もの男子に凌辱されていた。「何?これ? やっ……やだっ!」思わずその場を逃げ出してしまったが、そのシーンがどうしてもアタマから離れない。好奇心を抑えきれずに次の日、やはり手帳に記入された場所に行ってみると、昨日とは違う女の子が……。「あっ 奥まで突いてぇ」「オラこっちも休むんじゃねぇよ」「はい……お尻いいっ」大勢の男に奴隷のように扱われる、想像を絶するその世界に思わず見入ってしまい、カラダが熱くなる。それからは連日その手帳に書かれた場所に向かう毎日。ところがある日……。(「手帳」)

  • プレゼント~親友から彼にカラダを提供された私~

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    私の隠れた性癖に気がついていたのは、彼氏じゃなくて親友だった―。半ば無理矢理ルームシェアしようと私・真穂のところに押しかけて来た親友の涼子。そんな彼女は、誕生日パーティを開こうと彼氏を家に呼ぶ約束をし、その日彼が来る直前に私に襲いかかり、首輪と手錠で拘束し、胸にはローターをあて、アソコとお尻にはそれぞれオモチャを入れて全裸でベッドに放置!?ハードエロティックな「プレゼント」をはじめ、バラエティあふれる作品集!!

  • 天罰!!~彼と彼女と彼女の事情~

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    ずっと親友だった「加奈」に大学でハツカレが出来てひと安心…と思っていたら、思いもがけない偶然から加奈とカレの初めてのHを目撃してしまい、動揺が抑えきれない私・朝子。カレにしがみつくようにして腰をあわせている、加奈の幸福そうな姿が頭から離れずに、二人の前に出るとどうしても意識して不審な人物になってしまう。その時の姿を見られたとはつゆほども思っていない二人は普通に接してくるのだけど…。

  • 愛の強制刻印~絶対に忘れられない~

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    ずっと憧れていて、信頼もしていた隣のイケメンのお兄さんはある日突然「男」になって、私の身体と心に癒しようがない傷をつけて去って行ってしまった。なぜ、あんな酷いことをしたのか。詰め寄る私に彼は「お前に忘れられたくなかった。俺を忘れられなくなるくらい、傷つけてやろうと思った」。優しいキス。そして、優しく服を脱がされて、優しく身体を撫でられて…。

  • 拘束~手も足も出ない~

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    「今更イヤなんて、言わないよな?」「あたし……一緒に気持ち良くなりたい」 ある日、カレと私はお互いにケガをしてしまい満足に動けず、それでもどうしてもHがしたくてカレを誘ったら、カレが提案して来たのはテーブルの上で私を拘束し、その上で小道具を使用して私を責めるプレイ。最初は抵抗あったけど、電動○○○でバストや感じるトコロをじっくり刺激されると、カレに苦笑されるほどアソコがトロトロになってしまい、拘束を引きちぎるほどに激しく腰が動いてしまう。どうしようもなくなって拘束のポーズを変えてもらい、念願のXXXになったものの……。(手も足も出ない)

  • 罠(ワナ)。私のカラダは四人の男にXXX

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    ノリで始めたサークルの脱衣トランプで、絶体絶命のピンチを助けてくれたのはひそかに想っていたイケメン・仙道。……ところがそれはとんでもないワナで、みんなを帰宅させてくれたのかと思ったら、そのイケメンと残った後輩男子メンバーで強制的にトランプは続けられ、仙道に「これ以上脱ぐのがイヤなら、かわりにこれを履くんだな」とローター入りショーツを渡される。ノーブラになった胸に全員の視線を感じながらの勝負で、さらにローターを動かされては勝てるわけもなく……。「最後の勝負だ。賭けるのはお前自身」の勝負にもあっさり敗れ、後輩達の見守るなか、仙道と公開セ●クス。「先パイ、自分から腰振って凄いですね」とからかう声も遠くにしか聞こえない。そして3P、さらには4P。口・前・後ろ全てをかわるがわる貫かれるカイカン。私はこれからどうなっちゃうの?(「ジョーカー」)

  • ドS医師の性奴隷適性検査

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    健康診断再検査のお知らせ、を見て不安な気持ちで指定された病院に行ったところなぜか休診日で、待っていたのは若いイケメン医師ひとり。しかもいきなり上半身の脱衣とブラを外すことを要求される。恥ずかしい気持ちを我慢して言われるままに胸を出すと、聴診器での検査もそこそこに、胸の感度や形、大きさなどを触診されながら品評され、思わずぼーっとしてしまう。その気持ちのまま検診台に乗せられ、大きく足を開かされてアソコやお尻のアナをじっくり観察され、サイズを全て計られ、あげくは「肛門括約筋の検査」でお尻に指を深々と入れられてしまう。巧みな指使いに、思わず声を上げるほど感じてしまう私。先生は冷静に「おや、性器のほうも濡れて来たみたいですね、肛門のほうが感度がいいのかな?」と観察しながら、トロトロになったアソコの写真をカメラで何枚も撮影……。先生、これはなんの検査なんですか!?(問題医師) 問題医師/進路指導してくれますか?/イくまで眠れない/甘いのが欲しくなる

  • 悦楽Mエクスプレス ~車内窓際は、快感指定席~

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    「いやぁ……外の人に見られちゃう。みんなの手で隠して……オッパイも……アソコも」 いつも通勤電車で見かけるあこがれのイケメン。ある日偶然彼の「指定席」の窓際に立ったら、彼の手は隣の学生のスカートの下に。『あんな素敵な彼が……それとも見間違い?』どうしてもそれを確かめたかった私は、次の日ついこの前まで着ていた制服で電車の彼の「指定席」に。思った通り伸びてくる手。どうしようもなく感じさせられてしまい、抵抗出来なくなっていると自分の「前」から彼の声が。驚いて振り返ると触っていたのは見知らぬ男だった。逃げようとしたが彼に抱きとめられ、胸をつかまれ、下着を奪われる。「大丈夫、みんな友達だからね」と彼に甘い声でささやかれ、両手を吊革に通されて固定され、たくさんの男にあらゆる部分を愛撫されてまるで全身が性感帯になったよう。すさまじい快感にイキそうになったところで、男たちは突然私の服を脱がせだした。ほぼ全裸にされて思わず窓際に逃げ出すが、また彼に「ダメだよ逃げちゃ。それとも外の人に恥ずかしい姿を見て欲しいの?」とささやかれ……(やめてください) やめてください/君を逮捕!/いつでも隣に/興味しんしん

  • ヒミツの勉強会

    浦河おぺらコアマガジン

    0(0件)

    友達との旅行の前日、日頃からみんなのHトークについていけなくて、少し「予習」しようとそっと訪ねたビデオレンタルショップ。ところがそこで出会ったのはお隣の幼なじみのお兄さんである正。思わず借りようと思ってたアダルトビデオを置いて逃げ出しちゃったけど、結局はお兄さんの家で一緒に観ることに。いつの間にかお兄さんはビデオカメラを持ち出して来て、ビデオ鑑賞中の私を撮影。 はじめて観るAVの迫力に、いつの間にかアソコはトロトロ。しかも、昔から好きだったお兄さんにスカートをまくられて抵抗出来なくなって…。

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!