マンガZEROアプリなら会員登録不要でサクサク読める

笠太郎

11件ヒット

読者評価が高い笠太郎のマンガを一気にチェック!

  • 日々碁席

    笠太郎グループ・ゼロ

    5(1件)

    碁会所「○(まる)」は、今日も大の囲碁好きたちで大賑わい。看板娘のさくらちゃんがみんなにお茶を配ります。集う碁打ちの面々は、おじさん・おじいさんが多いものの、大学生やサラリーマン、女性だけの碁会メンバー、小学生までと、多士済済。席亭はさくらちゃんのお祖父ちゃん。彼の言葉「碁は心の通じ合い」の通り、対局の数だけドラマが有って…個性豊かなキャラクターたちの多彩な人生模様が描かれる、ほっこり碁会所ものがたり!

  • 裏通り雷人

    笠太郎グループ・ゼロ

    5(3件)

    二宮雷人は凄腕の借金取り。ケンカも強く、酒が入ると自制心がなくなって相手を半殺しにし、女も抱きまくる。金貸しの社長だが給料は低くボロアパートに住んでいた。返済日当日になっても音沙汰のない犬飼商事に出向いてみると、そこには同業者から恫喝されてる顧客の姿があった。その場は助けるも、その顧客は多数の金貸しから金を借りていて借金総額は5245万円にもなっていた。なけなしの金も競馬につぎこもうとする顧客に二宮は…。

  • 花板虹子

    笠太郎グループ・ゼロ

    5(22件)

    料亭・藤乃家の板長が亡くなって三か月…今日、新しい板長、つまり花板がやって来たのだが、旦那さんが連れてきたのはなんと女の板長だった!!その名は清水虹子。見た目は何とも冴えないメガネの小娘という感じ…。「板場ちゅうのは男のもんだ!」「あんな小娘にアゴでこき使われるなんてごめんだ!」「女に気の利いた料理などできっこねぇ!」板場の料理人達は、女が板長になるという事実に猛反発。特に次期板長と言われていた桜井は板場をボイコット。不穏な日々が続く中、室井が虹子にフグのおろしで勝負を挑んできた。しかも室井が勝ったら、虹子は板場を出ていくというルールで…!!

  • 板前鬼政

    笠太郎グループ・ゼロ

    4.6(8件)

    頬に一文字傷を持つ凄腕の流れ板前・梶川政一は、一流の腕前と徹底的な仕事ぶりから鬼政の異名を持つ板前である。だが、それだけの腕を持ちながら一つの仕事場に留まる事をしない。なぜなら幼い頃、生活苦から養子に出された行方不明の妹・悦子を探し出すためであった。流れ板前で培った人脈や人伝を駆使して梶川はいつの日か、妹と再会し、再び家族として暮らしていく想いを胸に秘め、鬼政は今日も板場で包丁を振るうのであった…

  • フィッシャーマン海人丸

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    大手ゼネコンで働く岬太平は落ち込んでいた。上司のミスで大変な仕事を背負わされ朝まで残業、そのせいで彼女とのデートをキャンセルするはめに。しかもそんな事がもう何度も続いていて、二人の仲は疎遠になりつつあった。しかし仕事に手を抜けない太平はなんとか朝までかかって仕事をやり抜く。彼女の家に向かった太平が見たのは、部長が運転する車から降りてきた彼女の姿だった。すべてが嫌になり、やけ酒を煽る彼の目に「遠洋マグロ漁船乗組員募集」の張り紙が入り…人生をリセットするためにサラリーマンをやめマグロ漁船に乗り込んだ男の闘いの日々!

  • 流れ板 竜二

    笠太郎牛次郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    特定の店に所属することなく、自分の腕ひとつを頼りに日本全国を流れ歩く板前職人――「流れ板」。島根県松江市にある料亭『巴亭』は山陰地方きっての名店との呼び名も高い老舗。その板場の親方・大友に招かれて『巴亭』へとやってきた流れ板・梨堂竜二(りんどうりゅうじ)。もちろん竜二の腕前を見込んでのことだが、『巴亭』は料理以外にある問題を抱えていた。3年前に二代目の主人が亡くなって以降、後妻の綾子が遺言状を無視して女将として店を仕切りはじめ、愛人の脇板・小山内と組んで正当な跡継ぎである先代の一人娘・糸路と板長の大友を追い出し店の乗っ取りを企んでいたのだ…。流浪の料理人が老舗料亭や旅館に絡み合う利権や男女の絡み合った愛欲を断つ、料理&人情コミック!

  • 東京メルヘン

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    予備校生・山田ヒデマロは大学受験に失敗したものの、不合格だと言い出せず両親や地元の村人には「東大に受かった」と嘘をつき無理矢理上京。東大に行くフリをして予備校に通い、来年こそは本物の東大生になるんだと勉強に勤しむのであった。しかしある夜、アパートの向かいから聞こえてきた喘ぎ声にヒデマロのアソコが反応。しかも美人のチエちゃんに目撃されドン引きされてしまう……。貧乏予備校生・ヒデマロが一癖ある仲間達と共に東大合格を目指す青春コメディ!

  • 花板虹子【完全版】

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    ※本作は、『花板虹子』(全10巻・実業之日本社刊)に単行本未収録の95話分を追加収録した完全版です。料亭・藤乃家の板長が亡くなって三か月…今日、新しい板長、つまり花板がやって来たのだが、旦那さんが連れてきたのはなんと女の板長だった!!その名は清水虹子。見た目は何とも冴えないメガネの小娘という感じ…。「板場ちゅうのは男のもんだ!」「あんな小娘にアゴでこき使われるなんてごめんだ!」「女に気の利いた料理などできっこねぇ!」板場の料理人達は、女が板長になるという事実に猛反発。特に次期板長と言われていた桜井は板場をボイコット。不穏な日々が続く中、室井が虹子にフグのおろしで勝負を挑んできた。しかも室井が勝ったら、虹子は板場を出ていくというルールで…!!

  • 侍やめます

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    長年の苦労の末に今井藩の剣術指南役に任命され絶頂にあった鮎川井左衛門。だがそれから数年後、仕えていた今井藩は取り潰しになり、仕官先を求めて江戸に出るもなかなか士官はかなわず、妻子に負担を強いる生活が続いていた。大金を用立てした金貸しは今流行りの商売「そば屋」をやることを提案するが、武士の面子にこだわる井左衛門は首を縦にふらない。しかし娘の死をきっかけに…。本当に大事なことは何か、生きることとは何か。笠太郎が送るヒューマン時代劇。

  • 喧嘩道

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    「喧嘩に育ち喧嘩に情熱をたぎらせ喧嘩に気概を抱く、そんな喧嘩馬鹿がいた――」港進高校3年、芥一兵(あくたいっぺえ)は12才にして暴力団の事務所に殴り込みをかけた町でも評判の無法者。生意気な転校生・佐倉鉄とその助っ人たちを一人で打ちのめし、鉄を子分にしたまでは良かったが、その鉄に「アソビ(喧嘩)」を教えるといって喧嘩を売らせた相手が悪かった。川崎駅から大船駅まで京浜東北線を仕切っている番長連合「京浜連合」一派に喧嘩を売ってしまったのだ。袋叩きにあって帰って来た子分のサブと鉄の仇を取ると言って、鉄たちが止めるのも聞かずに「京浜連合」との全面対決に突き進んでいく一兵だが…。何故か水商売の女たちにはめっぽうもてるバンカラな「喧嘩馬鹿」の喧嘩尽くしの日々を描く痛快作!

  • Mr.ジレンマン

    笠太郎グループ・ゼロ

    0(0件)

    会社でも家でも扱いが悪く、日頃から鬱憤がたまっていた岩田勘太郎は仮面をかぶることで心を開放し日頃は出来ない事の出来るMr.ジレンマンとなった!様々な人間関係のしがらみの中で、近所のコマキ婆さんに怪しまれながらも、ちょっぴりえっちも交えて次々と活躍していく。実写化もした痛快作品。

マンガZERO

アプリなら会員登録なしで
毎日1巻以上無料で読める!